本学園は創立以来110周年を経過し、昭和5年から県下唯一の私立女子高として、香蘭高等女学校を併設し、県下に幾多の有能な女性を送り出しました。
 戦後、学制改革により香蘭高等学校となり、今日に至っています。

 この輝かしい伝統の上に、昭和49年度より男女共学の普通科を設置し、時代の進運に適応する優秀な人材を育成することに努めています。教師と生徒の断絶のない密着した生活の中に楽しい学園をつくり出し、真実一路の校風を身につけ、誠実と努力によって各自の個性を伸ばし、優秀な人材を育てることを方針としています。